トップへ戻る コンテンツマップ English

腥堺遣茯罩
∵タ初腥堺遣茯腟膩
医綛頑;
医吾腟炊荀喝

2綏ヤс医
医級
医吾綵演帥h
綮肴┃綏ヤс医篆絲丞
医篋冴
医綵演粋箴

莖


資料





2期事業に伴う環境監視計画




next
資料のトップへ戻る
(4) 測定・調査の概要

2期工事にかかる環境監視計画における具体的目標値と環境基準との関係

監視項目
環境監視計画における
環境保全目標
環境監視計画に基づく管理目標量
環境基準及び大阪府環境保全目標
騒音
航空機騒音
騒音に係る環境基準(1973年環境庁告示第154号)の達成と維持に支障を及ぼさないこと。

I 類型
70WECPNL以下
II 類型
75WECPNL以下
連絡橋騒音
環境に係わる環境基準(1993年環境庁告示第64号)の達成と維持に支障を及ぼさないこと。

 
大気質
二酸化窒素
二酸化窒素に係る環境基準(1978年環境庁告示第38号)の達成と維持に支障を及ぼさないこと。
3局のうち1局で1時間値が0.15ppmを超え、その状態が3時間以上継続し、気象条件等からみて工事の影響が考えられる場合、適切な環境保全上の措置を講じる。
3局のうち1局以上で日平均値が0.08ppmを2日以上連続して超え、気象条件等からみて工事の影響が考えられ、その気象状況が継続する場合、適切な環境保全上の措置を講じる。
  1時間値の1日平均値が0.04〜0.06ppmまでのゾーン内又はそれ以下であること。
二酸化硫黄
大気の汚染に係る環境基準(昭和48年環境庁告示.第25号)の達成と維持に支障を及ぼさないこと。

  1時間値の1日平均値が0.04ppm以下であり、かつ、1時間値が0.1ppm以下であること。
浮遊粒子状物質
3局のうち1局で1時間値が0.30mg/m3を超え、その状態が3時間以上継続し、気象条件等からみて工事の影響が考えられる場合、適切な環境保全上の措置を講じる。3局のうち1局以上で日平均値が0.20mg/m3を2日以上連続して超え、気象条件等からみて工事の影響が考えられ、その気象状況が継続する場合、適切な環境保全上の措置を講じる。
  1時間値の1日平均値が0.10mg/m3以下であり、かつ、1時間値が0.20mg/m3以下であること。
一酸化炭素

  1時間値の1日平均値が10ppm以下であり、かつ、8時間平均値が20ppm以下であること。
全炭化水素
大気質に著しい変化を生じさせないこと。

 
光化学オキシダント
高濃度の発生状況に著しい変化を生じさせないこと。

  光化学オキシダントの1時間値が0.06ppm以下であること。(環境基準、大阪府環境保全目標)また、非メタン炭化水素濃度の午前6時から9時までの3時間平均値が0.20〜0.31ppmCの範囲内又はそれ以下であること。(大阪府環境保全目標)
非メタン炭化水素
大阪府環境総合計画の光化学オキシダントに係る非メタン炭化水素の目標の達成と維持に支障を及ぼさないこと。

 
水質
浮遊物質量
水質に著しい変化を生じさせないこと。
バックグラウンドとの差が3日以上連続して2mg/Lを超える場合には、原因究明の調査を行う。その結果、工事の影響であることが判明した場合には、適切な環境保全上の措置を講じる。バックグラウンドとの差が10mg/Lを超える場合には、直ちに原因究明の調査を行い、速やかに適切な環境保全上の措置を講じる。
 
化学的酸素要求量
環境庁告示第59号の達成と維持に支障を及ぼさないこと。

A 類型
2mg/L以下
B 類型
3mg/L以下
水素イオン濃度

A 類型
7.8以上8.3以下
B 類型
7.8以上8.3以下
溶存酸素量

A 類型
7.5mg/L以上
B 類型 5mg/L以上
n-ヘキサン抽出物質

  検出されないこと
全窒素

II 類型
0.3mg/L以下
III 類型
0.6mg/L以下
全リン

II 類型
0.03mg/L以下
III 類型
0.05mg/L以下
水温・塩分等
水質に著しい変化を生じさせないこと。

 
底質
  底質に著しい変化を生じさせないこと。

 
海域水象
海水の流れ
流れの様相を大きく変化させないこと。

 
水生生物
海域生物
海域生物に著しい影響を及ぼさないこと。

 
陸生動物
鳥類
鳥類に著しい影響を及ぼさないこと。

 


2期事業に伴う環境監視計画
(1)
計画策定の背景
(2)
環境監視の実施手順
(3)
対象とする監視項目、地域、期間

2期工事にかかる環境監視計画における具体的目標値と環境基準との関係(表)
(4)
測定・調査の概要

測定・調査の概要(建設工事期間中)(表)
測定・調査の概要(存在・運用)(表)
(5)
評価と対策
(6)
データ処理システム
(7)
監視結果の公開等


next