トップへ戻る コンテンツマップ English

腥堺遣茯罩
∵タ初腥堺遣茯腟膩
医綛頑;
医吾腟炊荀喝

2綏ヤс医
医級
医吾綵演帥h
綮肴┃綏ヤс医篆絲丞
医篋冴
医綵演粋箴

莖


資料





2期事業に伴う環境監視計画




next
資料のトップへ戻る
(3) 対象とする監視項目、地域、期間

1)
監視項目
 対象とする監視項目は、地域住民の生活環境に係る「騒音」、「交通量」、「低周波空気振動」、「大気質・気象」、「水質」、「底質」及び自然環境に係る「海域水象(流況)」、「海域生物」、「陸生動物(鳥類)」の9項目とする。

2)
対象地域
 対象とする地域については、当該事業の影響が及ぶと考えられる範囲を基本として、環境の状況を把握する上で適切な周辺地域を加えた地域とする。

3)
実施期間
 環境監視の実施期間は、建設工事期間中と存在・運用後に区分し、調査・測定項目ごとに表に示すとおりとする。 なお、それそれの環境項目等について、建設工事期間中については、工事の進捗状況に応じ適宜見直しを図り、存在・運用後については、より的確に環境の状況を把握するため、存在・運用段階となる時点に見直しを行い、あらためて計画を策定する。

対象とする監視項目

対象とする監視項目の表

環境影響要因と環境影響評価項目の関係

環境影響要因と環境影響評価項目の関係の表


2期事業に伴う環境監視計画
(1)
計画策定の背景
(2)
環境監視の実施手順
(3)
対象とする監視項目、地域、期間

2期工事にかかる環境監視計画における具体的目標値と環境基準との関係(表)
(4)
測定・調査の概要

測定・調査の概要(建設工事期間中)(表)
測定・調査の概要(存在・運用)(表)
(5)
評価と対策
(6)
データ処理システム
(7)
監視結果の公開等


next