トップへ戻る コンテンツマップ English

腥堺遣茯罩
∵タ初腥堺遣茯腟膩
医綛頑;
医吾腟炊荀喝

2綏ヤс医
医級
医吾綵演帥h
綮肴┃綏ヤс医篆絲丞
医篋冴
医綵演粋箴

莖


資料





2期事業に伴う環境監視計画




next
資料のトップへ戻る
2期アセスにおける予測項目と予測対象時期


評価項目
空港の存在・運用
空港の建設工事
予測事項
予測対象時期
予測事項
予測対象時期
騒音
航空機騒音
WECPNL
施設の利用が最大となる時期(年間離着陸回数23万回相当時)
-
-
道路交通騒音
騒音レベル
(L50)
騒音レベル(L50)
工事による影響が最大となる時期
鉄道騒音
騒音レベル
(Leq)
-
-
振動
道路交通振動
振動レベル
(L10)
施設の利用が最大となる時期(年間離着陸回数23万回相当時)
振動レベル(L50)
工事による影響が最大となる時期
鉄道振動
振動レベル
(ピークレベル)
-
-
低周波空気振動
航空機による低周波空気振動
音圧レベル
(ピークレベル)
施設の利用が最大となる時期(年間離着陸回数23万回相当時)
-
-
連絡橋の低周波空気振動
音圧レベル
(L5及びL50)
-
-
大気質
一般
環境
NO2、SO2、SPM
年平均濃度
(NO2については
高濃度日の予測
についても実施)
施設の利用が最大となる時期(年間離着陸回数23万回相当時)
年平均濃度(NO2については高濃度日の予測についても実施)
工事による影響が最大となる時期
CO、全炭化水素
-
非メタン炭化水素
汚染の程度
光化学オキシダント
高濃度日の
1時間濃度
沿道
環境
NO2、SO2、SPM、CO
年平均濃度
年平均濃度
海域
水象
海水の流れ
潮流及び恒流の
流向、流速
施設の利用が最大となる時期(年間離着陸回数23万回相当時)
-
-
波浪
(異常時、通常時)
波高、波向等
空港島完成時
高潮、津波
水位
海浜地形
浸食又は堆積に
よる汀線変化
空港島完成時から10年後
水質
浮遊物質量
-
-
日最大濃度
工事による影響が最大となる時期
COD、DO、T-N、T-P、塩分
夏季の平均濃度
施設の利用が最大となる時期(年間離着陸回数23万回相当時)
-
-
その他の生活環境
項目、健康項目
汚濁の程度
フェノール等特殊項目
水温
水温変化
底質
底質の変化
-
-
土砂の堆積厚
空港島完成時
海域
生物
植物、動物プランクトン
海域生物に
及ぼす影響
空港島完成時、施設の利用が最大となる時期(年間離着陸回数23万回相当時)
海域生物に及ぼす影響
工事による影響が最大となる時期
底生生物
磯浜生物
魚卵・稚仔魚
漁業生物
陸生
動物
鳥類
鳥類のねぐら
(カモメ)、
渡りの経路
(サシバ)に
及ぼす影響
空港島完成時、施設の利用が最大となる時期(年間離着陸回数23万回相当時)
-
-
自然景観
自然景観に及ぼす影響
空港島施設完成時
-
-
電波
障害
テレビジョン電波の受信
直接波と反射波
の電界強度比
施設の利用が最大となる時期(年間離着陸回数23万回相当時)
-
-


2期事業環境アセスメントの実施

2期事業の環境影響評価に関する経緯

2期事業にかかる調査・予測・評価の手順(流れ図)

2期事業の環境影響要因と評価項目の関係

2期アセスにおける予測項目と予測対象時期


next