トップへ戻る コンテンツマップ English

腥堺遣茯罩
∵タ初腥堺遣茯腟膩
医綛頑;
医吾腟炊荀喝

2綏ヤс医
医級
医吾綵演帥h
綮肴┃綏ヤс医篆絲丞
医篋冴
医綵演粋箴

莖


資料





手続き等の経緯




next
資料のトップへ戻る
環境監視への取り組み経緯(表)

[1] 環境監視計画の策定まで

1984年5月:
関西国際空港株式会社案に対する附帯決議(衆議院運輸委員会)
6月:
関西国際空港株式会社案に対する附帯決議(参議院運輸委員会)
1986年2月:
関西国際空港環境監視機構が発足
4月:
大阪府環境影響評価要綱に基づく知事意見
5月:
兵庫県知事及び和歌山県知事意見
1987年1月:
公有水面埋立法に基づく環境庁長官意見

[2] 環境監視計画の策定

1986年7月:
環境監視計画(案)を提出
9月:
関西国際空港環境監視機構が環境監視計画(案)に対して助言
11月:
「関西国際空港建設事業に係る環境監視計画」策定

[3] 環境監視計画の実施・変更

1986年
12月: 環境監視(建設段階)を開始
1987年
10月: 環境監視計画の一部変更(水質) ヌタ問題の発生
1988年
12月: 環境監視計画の一部変更(水質)  護岸概成
1990年
10月: 環境監視計画の一部変更(水質)
連絡橋海上部基礎工事終了
1991年
11月: 環境監視計画の一部変更(水質)
護岸開口部閉鎖・空港島内水面消滅
1992年
4月: 環境監視計画の一部変更(水質) 埋立工事終了
環境監視計画の一部変更(騒音)
連絡橋杭打ち作業の終了等
1994年
3月: 「関西国際空港の設置・運用に係る環境監視計画」策定

9月: 環境監視(供用段階)を開始
1997年
3月: 環境監視計の一部変更(海象)
海象の調査終了
1998年
11月: 環境監視計画の一部変更(騒音)
新飛行経路運用に伴う環境監視の強化
1999年
6月: 「関西国際空港2期事業の実施に伴う環境監視計画」の策定・実施
2001年
11月: 環境監視計画の一部変更(水質)
2期空港島護岸概成
2007年 3月: 「関西国際空港の存在・運用に係る環境監視計画」策定
(同年8月から実施)
  8月: 第2滑走路を供用
2008年 8月: 環境監視計画の一部変更(陸生動物)
空港島周辺海域での鳥類の調査を休止
2009年 8月: 環境監視計画の一部変更(陸生動物)
1期及び2期空港島内での鳥類の調査を休止
2010年 8月: 環境監視計画の一部変更(陸生動物)
タカ類の渡りの調査を休止
  環境監視計画の一部変更(飛行経路・高度、大気質、水質、底質、海域生物)
運用開始3年経過


手続き等の経緯

環境監視への取り組み経緯(表)


next