トップへ戻る コンテンツマップ English

腥堺遣茯罩
∵タ初腥堺遣茯腟膩
医綛頑;
医吾腟炊荀喝

2綏ヤс医
医級
医吾綵演帥h
綮肴┃綏ヤс医篆絲丞
医篋冴
医綵演粋箴

莖


2期工事での環境配慮


環境影響評価





 関西国際空港(株)及び関西国際空港用地造成(株)では、2期事業の実施が大阪湾及び周辺環境に与える影響を予測し、これを生活環境及び自然環境の保全の見地からあらかじめ設定した環境保全目標に照らして評価しました。その結果、環境保全目標を満足するとともに、周辺環境にいちじるしい影響をおよぼさないものと考えています。

環境影響評価の手順
予測及び評価は、次のとおり行い、その基本的な手順は下図のようになります。
  1. 本事業を建設段階から施設の供用に至るまでに含まれる一連の諸行為を「空港の存在」、「空港の運用」及び「空港の建設工事」に区分して、大阪湾及び地域環境に影響を及ぼすおそれのある要因(以下「環境影響要因」という)並びに環境影響要因によって影響を受けるおそれのある項目(以下「環境影響評価項目」という)を抽出しました。

  2. 生活環境及び自然環境上の項目について、現地調査及び既存資料等により現況を把握したうえで、環境影響要因により影響を受けるおそれのある環境影響評価項目の具体的項目(以下「予測及び評価項目」という)を選定しました。

  3. 環境への影響の内容及び程度について、生活環境及び自然環境の保全の見地から客観的に判断するため、予測及び評価項目ごとに環境保全目標を設定しました。

  4. 予測及び評価項目ごとに、環境保全対策の実施による環境影響の軽減効果についても考慮しつつ、環境への影響を過小に予測しないよう、かつ、可能な限り定量的に予測を行い、その結果を環境保全目標に照らして評価しました。

調査・予測・評価の手順と手続き



環境影響要因と環境影響評価項目の関係



※○印は環境影響要因の影響が考えられ、環境影響評価項目として抽出したものを示しています。
※文化財は、現況調査のみの項目です。