関西エアポート株式会社


関西国際空港
モニュメント・オブ・ザ・ミレニアム

「モニュメント・オブ・ザ・ミレニアム」を受賞 (2001年)

関西国際空港は、2001年、米国土木学会(American Society of Civil Engineers -ASCE-)から20世紀を代表する10大事業の一つに選定されました。この賞は「ダム」、「道路」、「超高層ビル」など10の部門ごとに、世界の中で最も優れた事業を一つずつ選定するもので、関西国際空港はそのうちの「空港の設計・開発」部門での受賞となりました。関西国際空港は世界で初めての海上空港で、その建設技術だけでなく環境への配慮や社会経済への貢献など総合的に評価されました。

米国土木学会から贈られた受賞記念プラーグ
【米国土木学会から贈られた受賞記念プラーグ】

全受賞リスト
1. 水路部門 パナマ運河
2. 空路部門 関西国際空港
3. 鉄道部門 ユーロトンネル鉄道
4. ダム部門 フーバーダム
5. 道路部門 アメリカ州間高速道路
6. 長大橋部門 ゴールデン・ゲート・ブリッジ
7. 高層ビル部門 エンパイア・ステート・ビル
8. 下水道部門 シカゴ下水システム
9. 上水道部門 カリフォルニア上水システム
10. 廃棄物処理システム部門 未選定

関西エアポート株式会社は、2016年4月1日より関西国際空港および大阪国際空港の運営権を継承しました。それ以前の運営に関する記事・資料には、当時の運営会社である新関西国際空港株式会社(現:空港所有者)名が記載されていることがありますのでご了承ください。