関西エアポート株式会社


関西国際空港
施設・サービス

お客様に喜んでいただける空港をめざして

当社では、お客様第一主義の徹底を図り、「使いやすく来て楽しい空港」「お客様に喜んでいただける空港」をめざして、様々な取り組みを行っております。

また、空港全体としても、当社だけではなく、航空会社・テナント事業者・官庁関係者等約40もの団体・組織から構成された「関西空港CS向上協議会」を平成15年12月に発足させ、空港スタッフのCSに対する関心を高める取り組みを行うとともに、一層のお客様満足度の向上を図っております。

くわしくは、関西国際空港オフィシャルサイトをご覧ください。

関西国際空港_CS(お客様満足)の向上をめざして

関西国際空港アクセス利便性の向上について

関西空港のアクセスについては、当社だけでなく、関係事業者や地元自治体、経済界と一体となって、利便性の向上に取り組んでいます。

■ますます充実するリムジンバスネットワーク

リムジンバスに関する最新情報・時刻表はこちらをご覧下さい。

関西空港交通株式会社ホームページ

■関係者が一体となってアクセス利便性の向上に取り組んでいます

地元経済界、地元自治体、国土交通省をはじめ、観光業界や航空会社、鉄道会社など多岐にわたる分野の団体、会社のご協力により、関西空港の利用促進に地元が一丸となって取り組む「関西国際空港利用促進本部(本部長:森関経連会長)」を設置。その中で、重点項目としてアクセス利便性の向上について取り組んでいます。

人にやさしい空港づくりをめざして

■関西エアポート株式会社の基本姿勢

関西国際空港は“人にやさしい空港”づくりを積極的に進めています。

関西国際空港は関西における国際社会の玄関口であり、“人・もの・情報”の 交流拠点として様々な異なる文化、習慣の出会いの場として大きな役割を果たしています。

全ての人の人権が尊重されるとともに、お客様に親しまれ、より多くの方々が利用されるようにしていきます。

"からだの不自由な方"、"お年寄り"などへの利用しやすい施設づくりを行っています。

■基本理念

基本テーマ:
「きずな~人にやさしい空港づくりをめざして」

基本理念:
「国際空港は単なる交通機能だけではなく、誰もが等しく楽しく、快適に過ごしていく一つの街であり、憩い、交流、ふれあいなど愛情あふれる施設を作り上げていくことが大事なことであり、常に進歩した世界に誇れる空港づくりに励んでいきます。」
"からだの不自由な方"、"お年寄り"などへの利用しやすい施設づくりを行っています。

関西国際空港ホームページ「バリアフリー対応ページ」

関西エアポート株式会社は、2016年4月1日より関西国際空港および大阪国際空港の運営権を継承しました。それ以前の運営に関する記事・資料には、当時の運営会社である新関西国際空港株式会社(現:空港所有者)名が記載されていることがありますのでご了承ください。