Kansai Airports


移動等円滑化取組計画書

移動等円滑化取組計画書

関西国際空港・大阪国際空港

Ⅰ 現状の課題及び中期的な対応方針

(1)旅客施設の整備に関する事項
当社が管理する関西国際空港第1・第2ターミナルビル、大阪国際空港は、移動等円滑化基準に適合しているが、今後、利用者数増加が見込まれており、より高い水準のバリアフリー化を目指す。

(2)旅客支援、情報提供、教育訓練等に関する事項
① お客様にスムーズに空港をご利用いただくため、空港をご利用いただく前から利用時まで様々な情報を提供するべく、HPや館内の音声情報の可視化等の改善を行う。
② お客様にわかりやすい案内表示等のハード整備(ユニバーサルデザイン)に加え、航空会社や商業施設などの空港内事業者等とも協力し、人的な支援の充実を図る。
③ 今後、2020年オリンピック及びパラリンピック、2021年世界パラ陸上競技選手権(神戸)、2025年大阪万博により世界中から多くのお客様が関西に集まることから、お客様の立場にたった対応が可能となるよう社員および空港内事業者に対して教育、訓練等を実施する。

Ⅱ 移動等円滑化に関する措置

① 旅客施設及び車両等を公共交通移動等円滑化基準に適合させるために必要な措置

対象となる旅客施設
及び車両等
計画内容
(計画対象期間及び事業の主な内容)
旅客搭乗橋 搭乗橋更新に合わせ、段差のない搭乗橋を導入する。大阪国際空港で11基を既に導入済み、2019年度は2基更新予定。関西国際空港第1ターミナルビルは来年度から順次導入予定。(2019年度~順次)
誘導ブロック 関西国際空港第1・第2ターミナルビル・大阪国際空港ターミナルビルにおいて、既設の視覚障がい者誘導用ブロックの改修を行う。(2019年度~2020年度)

② 高齢者、障害者等が公共交通機関を利用して移動するために必要となる乗降についての介助、旅客施設における誘導その他の支援

対策 計画内容
(計画対象期間及び事業の主な内容)
空港を利用する他事業者との連携 航空会社、空港内事業者との連携強化を行い、人的な支援の充実を図る。

③ 高齢者、障害者等が公共交通機関を利用して移動するために必要となる情報の提供

対策 計画内容
(計画対象期間及び事業の主な内容)
ウェブアクセシビリティの改善 視覚障がい者等にも当施設を安心して使用いただけるようHPの充実、改修を実施する。(2019~2020年度)

④ 移動等円滑化を図るために必要な教育訓練

対策 計画内容
(計画対象期間及び事業の主な内容)
接遇研修の実施 職員に対して国土交通省が定める交通事業者向け接遇研修プログラムに準拠した研修を行う。(2019~2020年度)

Ⅲ 移動等円滑化の促進のためⅡと併せて講ずべき措置

  • ターミナルビル内において車椅子使用者や医療機器を使用している方への配慮を一般の方へ理解、協力のお願いをHP・館内サイネージ等に掲出する。
  • 航空会社や交通事業者と、それぞれに寄せられた、航空機、空港、交通機関に関する障がい当事者等の意見を集約・共有する。
  • 担当部署を中心に確認と評価を実施する会議を開催する

Ⅳ 前年度計画書からの変更内容

対象となる旅客施設
及び車両等又は対策
変更内容 理由
     

Ⅴ その他計画に関連する事項

 

注1 Ⅳには、Ⅱについて前年度と比較して記入すること。なお、該当する対策が複数になる場合には、新たに欄を設けて記入すること。
 2 Ⅴには、Ⅱの欄に記入した計画に関連する計画(事業者全体に関連するプロジェクト、経営計画等)がある場合には、必要に応じ、その計画内容及び計画における当該事業者の位置付け等について記入すること。

神戸空港

Ⅰ 現状の課題及び中期的な対応方針

(1)旅客施設の整備に関する事項
当社が管理する神戸空港は、移動等円滑化基準に適合しているが、今後、利用者数増加が見込まれており、より高い水準のバリアフリー化を目指す。

(2)旅客支援、情報提供、教育訓練等に関する事項
① お客様にスムーズに空港をご利用いただくため、空港をご利用いただく前から利用時まで様々な情報を提供するべく、HPや館内の音声情報の可視化等の改善を行う。
② お客様にわかりやすい案内表示等のハード整備(ユニバーサルデザイン)に加え、航空会社や商業施設などの空港内事業者等とも協力し、人的な支援の充実を図る。
③ 今後、2020年オリンピック及びパラリンピック、2021年世界パラ陸上競技選手権(神戸)、2025年大阪万博により世界中から多くのお客様が関西に集まることから、お客様の立場にたった対応が可能となるよう社員および空港内事業者に対して教育、訓練等を実施する。

Ⅱ 移動等円滑化に関する措置

① 旅客施設及び車両等を公共交通移動等円滑化基準に適合させるために必要な措置

対象となる旅客施設
及び車両等
計画内容
(計画対象期間及び事業の主な内容)
誘導ブロック エスカレーターにおける既設の視覚障がい者誘導用ブロックの改修を行う。

② 高齢者、障害者等が公共交通機関を利用して移動するために必要となる乗降についての介助、旅客施設における誘導その他の支援

対策 計画内容
(計画対象期間及び事業の主な内容)
空港を利用する他事業者との連携 航空会社、空港内事業者との連携強化を行い、人的な支援の充実を図る。

③ 高齢者、障害者等が公共交通機関を利用して移動するために必要となる情報の提供

対策 計画内容
(計画対象期間及び事業の主な内容)
ウェブアクセシビリティの改善 視覚障がい者等にも当施設を安心して使用いただけるようHPの充実、改修を実施する。(2019~2020年度)

④ 移動等円滑化を図るために必要な教育訓練

対策 計画内容
(計画対象期間及び事業の主な内容)
接遇研修の実施 職員に対して国土交通省が定める交通事業者向け接遇研修プログラムに準拠した研修を行う。(2019~2020年度)

Ⅲ 移動等円滑化の促進のためⅡと併せて講ずべき措置

  • ターミナルビル内において車椅子使用者や医療機器を使用している方への配慮を一般の方へ理解、協力のお願いを定期的に放送する。
  • 航空会社や交通事業者と、それぞれに寄せられた、航空機、空港、交通機関に関する障がい当事者等の意見を集約・共有する。
  • 担当部署を中心に確認と評価を実施する会議を開催する

Ⅳ 前年度計画書からの変更内容

対象となる旅客施設
及び車両等又は対策
変更内容 理由
     

Ⅴ その他計画に関連する事項

 

注1 Ⅳには、Ⅱについて前年度と比較して記入すること。なお、該当する対策が複数になる場合には、新たに欄を設けて記入すること。
 2 Ⅴには、Ⅱの欄に記入した計画に関連する計画(事業者全体に関連するプロジェクト、経営計画等)がある場合には、必要に応じ、その計画内容及び計画における当該事業者の位置付け等について記入すること。


関西エアポート株式会社は、2016年4月1日より関西国際空港および大阪国際空港の運営権を継承しました。それ以前の運営に関する記事・資料には、当時の運営会社である新関西国際空港株式会社(現:空港所有者)名が記載されていることがありますのでご了承ください。